障害者支援施設・福祉型障害児入所施設 桜園児童部 桜園

サンプル写真

社会福祉法人 桜園(総合TOP) 障害者支援施設・知的障害児施設 桜園 特別養護老人ホーム 桜の丘 養護老人ホーム 紅葉園
障害者支援施設 桜園
福祉型障害児入所施設 桜園児童部
施設長あいさつ
桜園は児童施設から始まり、運営に当たっては幾度となく事業の再編成が行われ 設置から早半世紀を過ぎました。長期にわたり運営が行われてきましたことは、理事長を始め、諸先輩方の障がい者に対する 思い入れがあればこそ、関係各位のご協力が得られ継続できたものと思料いたします。

その理事長及び諸先輩方の意思を継ぐものとして、ご利用者の人権を守り 日常生活の場として安全にかつ安心して過ごせますよう、職員一丸となり自立に向けての 取り組みを行っていきたいと思います。また、ご利用者の地域との交流の場を設けることにより、社会参加の促進を行っています。
基本理念
利用者本人の自己決定権を尊重し、その残存能力を活用した リハビリテーションを通して、ノーマライゼーションを目指します。
倫理綱領
知的障害のある人たちが、人間としての尊厳が守られ、豊かな人生を自己実現できるように支援することが、私達の責務です。そのため、私達は支援者のひとりとして、確固たる倫理観をもって、その専門的役割を自覚し自らの使命を果たすよう、倫理綱領を定め、私達の規範としております。
1.使命の尊厳
私達は、知的障害のある人たちの一人ひとりを、かけがえのない存在として大切にします。
2.個人の尊厳
私達は、知的障害のある人たちの、ひとりの人間としての個性、主体性、可能性を尊びます。
3.人権の擁護
私達は、知的障害のある人たちに対する、いかなる差別、虐待、人権侵害を許さず、人としての権利を擁護します。
4.社会への参加
私達は、知的障害のある人たちが、年齢、障害の状態などにかかわりなく、社会を構成する一員としての市民生活が送れるよう支援します。
5.専門的な支援
私達は、自らの専門的役割と使命を自覚し、絶えず研鑽を重ね、知的障害のある人たちの一人ひとりが豊かな生活を実感し、充実した人生が送れるよう支援し続けます。